小児副鼻腔炎について|川口市の耳鼻科をお探しなら「やじま耳鼻咽喉科」へ|川口元郷駅徒歩3分、川口駅徒歩12分

やじま耳鼻咽喉科

院長ブログ

小児副鼻腔炎について

やじま耳鼻咽喉科について 

2-3歳以下のお子さんが副鼻腔炎と他院で言われることがありますが、副鼻腔は1-2歳位から徐々に発達(空洞が大きくなる)してくるため、2-3歳の年齢では副鼻腔はまだ大きくなく、副鼻腔炎を起こすことはないと思って大丈夫です。たまたま別のことで頭のMRIを撮影したら、副鼻腔炎になっていることが見つかることはあります。大事なことは、副鼻腔炎かどうかを決めることではなく、色のついた鼻汁が多く、長く続いている場合は、家で鼻を吸ってあげる、ひどければ耳鼻科を受診して鼻を吸う治療を続けて、鼻を貯めなくして、鼻の状態をよくすることです。4-5歳以上のお子さんは副鼻腔炎になりますので、黄色や緑の鼻汁が1-2週間続いている場合は耳鼻科を受診して、きちんと治療を受けることをお勧めします。  レントゲンやCTをしないで、副鼻腔炎と診断する医師がいますが、あくまでも症状だけの判断なので、本当に副鼻腔炎かどうかはきちんと検査をしないとわかりません。

ページトップへ戻る